断易でボートレースを占う(4)

私が最初にボートレースを知ったのはかれこれ20年近くになるか。一人暮らししていた頃に深夜のテレビで見たアニメーションだった。

モンキーターン(1) (少年サンデーコミックス)
Amazonで河合克敏のモンキーターン(1) (少年サンデーコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

それからしばらくして、今度は占い仲間の某君に占いネタに面白いのがあるよ、と言われてはたまた競艇を教えられた(当時はボートレースなんて小洒落た言い方はしていなかった)けど、その時は占いはせずに予想用のソフトを手に入れてデータ解析に夢中になってた気がする。まあ、解析といっても大したことはしていなかったが。

さて、前回までで次のような知見(?)を得た。

  • 卦は上爻を1コース(1番)とし、初爻を6コース(6番)とする
  • 空亡は無視してよい
  • 辰ー戌の冲は採る
  • 辰ー辰の同一五行は採らない(ひょっとして自刑だからかもしれない)

こんなところだろうか。順番がどういう風に決まるかはまだ謎である。

第7レース

癸卯年 癸丑月 庚辰日 空亡 申酉
(1/23追記:日付違ってました。正しくは辛丑年 辛丑月 乙亥日 空亡 申酉 しかし、占いではまちがいにも意味がある、と言われているのでこのまま行きます)

財 ● 戌(応)
官 ● 申
孫 ○ 午→財丑
孫 ○ 午(世)
財 ○ 辰
兄 ● 寅  伏神:父子)

予想:1−2−5(3)
結果:1−2−3

ここではまだ5番(2爻)を採っていますが、改めて見るとここでの5番はなさそうだというのがいままでの経緯でわかる。しかしながら3番(4爻)を採るというのはこれまでの流れで来そうだというのはわかるけどその理由がわからないという、迷いがこのあたりではある。

第8レース

財 ● 戌
官 ● 申(応)
孫 ○ 午
孫 ● 午
財 ○ 辰(世)
兄 ● 寅  伏神:父子

予想:1−2−5
結果:2−3−4

このレースはほとんどかすらなかったケース。予想ではセオリー通り戌の冲と申の空亡をとったのだが当たらなかった。3爻、4爻の午が謎であるのは変わらず。

第9レース

財 ● 子
兄 ○ 戌
孫 ● 申→亥(世)
兄 ○ 辰
官 ○ 寅
財 ○ 子(応)

予想:3−2−4
結果:5−2−4

2番(5爻)はこれまでのセオリーどおり。4番(3爻)はこれまでの流れでは外すべきなのだが何故か入れてそれが当たってしまっている(苦笑)。問題は3番(4爻)と5番(2爻)だが、申は空亡でこれまでのセオリーでいうと入れるべきなのだが、動爻になっているので、意味合いが少しことなるのかもしれない。5番(2爻)の寅木はなぜこれが1番になるのかいまのところ全く思いつかない(汗)

第10レース

官 ○ 寅
財 ● 子→申 (応)
兄 ● 戌→午
兄 ○ 辰     伏神:孫申
官 ○ 寅 (世)伏神:父午
財 ○ 子

予想:3−2−4
結果:1−2−4

このレースは占いの結果こそ1着を外しただけだったが、実に波乱に富んだ展開だった。何しろレース中の妨害などにより3隻が失格になるという内容だったからだ。下がその実際のレースの様子。

2022.1.22 WINWIN LIVE 戸田 第6回加藤峻二杯・夕刊フジ オレンジカップ 3日目
出演 コメンテーター:元ボートレーサー 山本良一       ゲスト:2代目サンスポGoGoクイーン ぱつこ(7R~)        進行:矢尾明子※1月の出演者スケジュールはこちらです

3番(4爻)の戌土を選んだのはこれまでのセオリー通りだが、これまた動爻で回頭生になっているので話が少し違うのかもしれず。1番(上爻)の寅木は謎。2爻(5番)にも同じ寅があるしね。まあ、失格しちゃったんだけど。

第11レース

兄 ● 酉
子 ● 亥 (世)
父 ● 丑
兄 ○ 申
官 ● 午 (応) 伏神:財卯)
父 ● 辰

予想:1−4−6
結果:3−2−5

このレースは全くかすりもしなかったけど、実はこのレースで競馬でいうところの万馬券にあたる万舟券が出ている。そういうレースでこそ当てたいのだけどねぇ(苦笑)これまでのセオリーにもかすりもせず、このレースは完敗。ちゃんと場が取れていなかったのかも。

第12レース

財 ● 子(応)
兄 ○ 戌
子 ● 申
官 ● 卯(世)
父 ● 巳→辰
兄 ● 未

予想:2−3−6
結果:1−4−6

最終レースはなんとか当てたかったが、結果はご覧の通りである。6番(初爻)は当ててるものの、理由がちょっと説明できない(一応、月建と冲ではあるけど)。さすがに12レースもみると結構大変で、ひょっとして後半、場がちゃんと取れていないのかもなとも思ったり。このレースもこれまでのセオリーにはほとんど当てはまらず。

まとめ

まだサンプル数が少ないので、今回だけで結論づけることはできないけど、それでもちょっと法則めいたことが見えてきたりしててやってて楽しかった。見たのが丑月辰日という土性の強い日だったので、今度やるときは土の日以外にしてそれでも共通するルールが見えてくるのか確かめてみたい。

それではまた、次回!

コメント

タイトルとURLをコピーしました